移住定住特集

  •  移住者受け入れ 活性を 八頭でシェアハウス完成

    2017年05月16日

     鳥取県八頭町塩上の空き家を改修したシェアハウス「TeSIO(てしお)」が完成し15日、現地で竣工(しゅんこう)式が行われた。町内企業と提携し、社員の居住施設として活用する。地域が抱える空き家問題の解決や地域活性化につながると期待されている。

    »全文を読む
  •  想定上回る3974人 15、16年度鳥取県内への移住者 会員限定記事

    2017年05月12日

     鳥取県は11日、2015年に策定した総合戦略に基づく各施策の進展状況を公表した。県外から県内への移住者数は15、16年度で計3974人に達し、当初の想定を大幅に上回るペースで増加。県は「15~19年度の5年で6千人」としていた数値目標を

    »全文を読む
  •  県西部地域振興協がサイトで移住体験者動画公開

    2017年05月07日

     鳥取県西部9市町村でつくる県西部地域振興協議会は、独自に開設する移住専用サイト「とっとりWEST移住ポータルサイト」で、都市圏の家族が各市町村で移住生活を体験する様子を撮影した動画を公開している。

    »全文を読む
  •  鳥取県内への移住者 16年度は2千人超 会員限定記事

    2017年04月25日

     鳥取県内への2016年度の移住者数が2千人を超す見通しであることが24日、県のまとめで分かった。県は移住を加速させようと、全国に先駆けて設ける県立ハローワーク、都市部の若者が働きながら田舎暮らしを体験する「とっとり暮らしワーキングホリデー」などの

    »全文を読む
  •  体験談や企業情報 鳥取県、IJUターン促進へパンフ

    2017年04月18日

     鳥取県は、就職を控えた学生やIJUターン希望者向けパンフレット「キメタ!鳥取で働こう。」を5万部作った。高校、大学、各地の移住相談窓口などで配布する。

    »全文を読む
  •  感謝の思い ライブに 移住者、住民招き開催

    2017年04月07日

     自然に囲まれた生活を求めて昨年12月に、鳥取県南部町馬佐良に移住した女性が7日夜、一緒に暮らす女性シンガー・ソングライターと地域の人たちに感謝の気持ちを伝えるライブを開く。「ライブをきっかけに馬佐良を知ってもらえたら」と期待を込める。

    »全文を読む
  •  原木シイタケ担い手を育成 県ブランド化協

    2017年02月08日

     鳥取県しいたけブランド化促進協議会は、原木シイタケ(とっとり115)生産の拡大と中山間地域活性化を図る人材育成プログラムを策定した。原木シイタケ生産を目指す移住者ら新規就農希望者を「地域おこし協力隊」として募集。

    »全文を読む
  •  事業、スピーディーに 湯梨浜まちづくり株式会社

    2017年02月03日

     移住促進や町の活性化に取り組もうと官民協働で立ち上げた「湯梨浜まちづくり株式会社」は2日、鳥取県湯梨浜町龍島の町役場東郷支所2階で開所式を行った。生涯活躍のまち構想(CCRC)の実現に向けての足掛かりとするため、

    »全文を読む
  •  ストレスオフな鳥取暮らしPR 東京・新橋の物産館

    2017年01月30日

     首都圏在住の子育て世代を鳥取県内に呼び込むPRイベントが28、29両日、東京都港区のとっとり・おかやま新橋館で開かれた。参加した家族連れらは、ヨガ体験などを通じて都会に比べてストレスが少ない“鳥取暮らし”の魅力に触れた。

    »全文を読む
  •  鳥取県立ハローワーク新設 子育てや移住策と連動

    2017年01月06日

     鳥取県の平井伸治知事は、新年度に「県立ハローワーク」を新設する意向を固めた。県の産業政策や子育て支援、移住政策と連動し、企業進出を見据えた職業あっせんに取り組み、多様な雇用形態の導入や女性の社会進出を促す。県独自のネットワークを活用し、求人情報の提供、求職者と企業側のニーズを擦り合わせる。

    »全文を読む