子育て応援情報

  •  動物と触れ合い 医療的ケア児ら野外活動 会員限定記事

    2018年10月18日

     日常的に人工呼吸器の装着やたんの吸引などが必要な医療的ケア児らを対象とした療育キャンプが、大山町大山のホテル大山しろがねで行われた。動物との触れ合いやバーベキューなど野外活動を通じて交流を深めた。

    »全文を読む
  •  言葉超え笑顔で練習 境港の児童、ロシア選手と交流

    2018年10月14日

     14日に境港市で開かれる「日韓ロ国際交流第18回鬼太郎カップ境港駅伝競走大会」(鳥取陸上競技協会、境港市、新日本海新聞社主催)に出場するロシア・ウラジオストク市チームの選手が13日、会場の竜ケ山陸上競技場で、境港市の小学生陸上クラブの子どもたちと練習を通じて交流した。

    »全文を読む
  •  手刈りと農機作業の今昔体感 鳥取・大正小稲刈り 会員限定記事

    2018年10月13日

     鳥取市古海の大正小(山田仁校長)の5年生34人が12日、学校横の田んぼでもち米の稲刈りを行った。地元住民の手ほどきを受けながら黄金色に実った稲を手作業で刈り取ったほか、最新の農業機械に試乗する場面も。米作りの今と昔を体感した。

    »全文を読む
  •  県立高への県外入学生住居 倉吉北高の学生寮OK 会員限定記事

    2018年10月13日

     鳥取県教委と学校法人松柏学院倉吉北高(倉吉市福庭町1丁目)は、2019年度以降、県立高に県外から入学する生徒のうち、希望者は倉吉北高の学生寮に入寮できるとすることで合意した。県教委は県立高での県外生徒募集を積極的に進めるとしており、

    »全文を読む
  •  地域づくりへの情熱触れる 鳥取東高「鳥取学」学習 会員限定記事

    2018年10月12日

     鳥取東高(鳥取市)は産業界と連携し、課題解決型の探究学習・鳥取学を行っている。11日は校外学習があり、1年生286人が研究テーマに沿って企業や大学、行政機関を訪問。

    »全文を読む
  •  元気届ける演奏を 大分国文祭出演 打吹童子ばやし 会員限定記事

    2018年10月12日

     14日に大分市で開かれる第33回国民文化祭おおいた2018「太鼓の祭典」に出演する打吹童子ばやしの公開練習会が10日夜、倉吉未来中心で開かれた。

    »全文を読む
  •  色鮮やか 成長の記録 難病の子と親合作 会員限定記事

    2018年10月11日

     国指定の難病「ミトコンドリア病」の一種「リー脳症」を患うリチャードソン恵美里ちゃん(2)=湯梨浜町久留=の作品展「エミリー画伯の手形・足形アート展」が、大山町上市の大山町上市のコミュニティー・スペースまぶやで開かれている。約1年前から親子で合作した色鮮やかな約30点が並んでいる。29日まで。入場無料。

    »全文を読む
  •  最長きりたんぽ挑戦 米子高専生、試作5メートル成功 会員限定記事

    2018年10月10日

     「世界一長いきりたんぽ」のギネス世界記録に挑戦する米子高専(米子市彦名町)の有志が、試作で長さ5メートルのきりたんぽ作りに成功した。11月11日の「きりたんぽの日」に秋田県で行われる本番に向け、インターネットのクラウドファンディングで資金を募っている。

    »全文を読む
  •  魚ナゲットなど開発 青谷高3年生が課題探求授業 会員限定記事

    2018年10月04日

     青谷高(鳥取市青谷町)の生徒が、地域の歴史や文化、産業を授業で学び、その魅力を発信しようと取り組んでいる。地元住民の協力を得ながら、地元産の魚を使ったナゲットの開発や「青谷木綿」にスポットを当てた研究などを進め、

    »全文を読む
  •  取れたて鮮魚に歓声 中野港で園児、見て触れて学習 会員限定記事

    2018年10月03日

     鳥取県境港市の中野港で2日、市内の保育園児が美保湾で取れたばかりの新鮮な魚に触れ、漁師から魚種を教わる交流事業があった。美保湾ブランドの魚の全国発信を目指す「さかいみなと中野港漁村市実行委員会」

    »全文を読む