子育て応援情報

  •  県教委が日めくりカレンダー 小3全家庭に配布へ 会員限定記事

    2018年10月01日

     2020年度から全面実施される新学習指導要領での英語教育の大幅な拡充に向けて、鳥取県教委は親子で英語のやりとりを楽しめる日めくりカレンダーを制作した。9歳の男の子の一日をベースに日常会話や身近な英単語を盛り込み、

    »全文を読む
  •  読みたい本の購入費に 子ども自ら野菜育て販売 会員限定記事

    2018年09月30日

     大山町名和の旧名和保育所にある漫画図書館「まんがキャッスル」を利用する町内の子どもたちが、古本やエアコンの購入費に充てようと、自分たちで野菜を育てて販売している。

    »全文を読む
  •  淡い色 心和ます 「中部水彩展」10月2日まで 会員限定記事

    2018年09月28日

     倉吉市宮川町のコミニティプラザ百花堂で27日、「中部水彩展」が始まった。風景画や人物、花などを描いた水彩画など23点が展示され、来場者を魅了している。10月2日まで。

    »全文を読む
  •  「心に寄り添う」子育て論熱く ビリギャル母が講演会 会員限定記事

    2018年09月27日

     本がベストセラーとなり映画化もされた「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」の主人公小林さやかさんの母、橘こころさんが26日、鳥取市内で講演した。子育てで失敗や試行錯誤を重ね「ダメ親」と言われながらも、

    »全文を読む
  •  効果疑問視 米子市の保育所統合・建て替え構想 会員限定記事

    2018年09月27日

     米子市が検討している公立保育所の統合と建て替えについて、26日の市議会市民福祉委員会で、委員から統合の効果を疑問視する意見などが上がった。市は27日から対象とする公立保育所の保護者らへの説明会を開始し、

    »全文を読む
  •  倉吉北高“出張レストラン” 成徳小で29日開店 会員限定記事

    2018年09月27日

     倉吉北高(横山尚登校長)の調理クラブは、同校内で開いている高校生レストランの出張版「倉北カフェ・レストラン」を29日、倉吉市の成徳小でオープンする。予約で弁当を販売するほか、オムライスやパスタなどを注文に応じてその場で調理。「大勢の人に来店してもらい、まちのにぎわいになれば」と意気込んでいる。

    »全文を読む
  •  子育て支援22団体に助成 日本海新聞ふるさと創り事業団

    2018年09月27日

     一般社団法人日本海新聞ふるさと創り事業団(藤岡敏治会長)は、子育て支援に取り組むボランティア団体やNPO法人などに助成する「子育てあんしんネットワーク助成事業」の助成対象団体を決定した。22団体に計261万円を助成する。

    »全文を読む
  •  オンリーワンのお面を作ろう 古民家で障害者アート 会員限定記事

    2018年09月22日

     古民家を使った地域おこしと障害者アートの支援を目的とした「おめんアートしてみよう♪」(実行委主催)が、鳥取市用瀬町屋住の長谷川邸で行われた。親子連れら約30人が参加

    »全文を読む
  •  郷土の"宝"を再認識 「県民の日」ちなみ授業 会員限定記事

    2018年09月22日

     鳥取市西品治の富桑小で、鳥取県の歴史や特徴を学ぶ授業が開かれた。解説やクイズを交えながら、6年生19人が郷土の魅力に理解を深めた。

    »全文を読む
  •  里親への委託率 国目標値に懸念 児童養護施設セミナー 会員限定記事

    2018年09月20日

     西日本児童養護施設職員セミナー鳥取大会(中国地区児童養護施設協議会など主催)が19日、鳥取市のとりぎん文化会館で始まった。虐待などで親元から離れて暮らす子どもの養育について、里親への委託率の大幅引き上げを求める国の方針に対し、全国児童養護施設協議会の伊山喜二副会長は「里親一本でうまくいくのか。子どもたちの行き場がなくなり、不利益にならないか訴えていきたい」と懸念を示した。

    »全文を読む