子育て応援情報

  •  心配せず眠れた日 「夜泣き保険」大きな安心 会員限定記事

    2018年12月27日

     「今晩も寝てくれないかも」「夜が来るのが怖い」-。産後、子育てする母親が感じる不安と負担の一つが赤ちゃんの夜泣き。産前産後の母親を支援する施設「産後ケア やわらかい風」(鳥取市西品治、川口映子代表)は「赤ちゃん夜泣き保険すやりんこ」を行っている。

    »全文を読む
  •  米子高専放送部 自由部門と地域部門で優秀作品賞 会員限定記事

    2018年12月27日

     東京都で11月に開催された「高校生のためのeiga worldcup2018」(NPO法人映画甲子園主催)の自由部門と地域部門で、米子高専放送部が優秀作品賞を受賞した。

    »全文を読む
  •  運動習慣は“遊び”から 県教委が体力向上事業 会員限定記事

    2018年12月24日

     20日に公表された今年の「全国体力テスト」で鳥取県の小5、中2は実技8種目を得点化した体力合計点が全国平均を上回った。しかし、親世代と比べると依然低い傾向だ。子どもが体を動かす習慣づくりが課題となる中、“遊び”を通して運動の楽しさを知ってもらう取り組みを取材した。

    »全文を読む
  •  岩美の道の駅 完全個室の授乳室設置し実証実験 会員限定記事

    2018年12月22日

     岩美町新井の道の駅きなんせ岩美に21日、可動式の授乳室「mamaro(ママロ)」が設置された。同町と国土交通省の共同事業で、利用状況などを把握する実証実験を始めた。施設の利便性を高める狙いがあり、営業時間であれば自由に授乳やおむつ替えなどで利用できる。道の駅への設置は西日本で初めて。

    »全文を読む
  •  「持久力」今年も好成績 全国体力テスト県内小中学生 会員限定記事

    2018年12月21日

     スポーツ庁が20日公表した「全国体力テスト」で、鳥取県内の小5と中2は、実技8種目を得点化した体力合計点が全国平均を上回った。中でも持久力を測る「20メートルシャトルラン」は、小5が男女とも全国2位、

    »全文を読む
  •   鳥取市は置き勉OK ランドセル重量問題 会員限定記事

    2018年12月20日

     教科書や教材を入れたランドセルの重さが児童生徒の負担になっている問題で、鳥取市教委は19日までに、学校に教材を置いて帰る「置き勉」を認め、各小中学校に指示した。

    »全文を読む
  •  20年3月末閉園 築63年の米子・すみれ保育園 会員限定記事

    2018年12月18日

     公立保育所の統合・民営化と建て替えを構想している米子市は17日の市議会市民福祉委員会で、施設が最も古い市立の「すみれ保育園」(同市愛宕町)を2020年3月末で閉園し、構想から削除する方針を示した。

    »全文を読む
  •  再生おもちゃに大喜び 鳥取・わらべ館で「ファクトリー」

    2018年12月06日

     一般家庭から寄せられたおもちゃを再生し子どもたちにプレゼントする「おもちゃの銀行 リサイクル☆ファクトリー」が2日、鳥取市西町3丁目のわらべ館であった。小学生以下の子ども100人がボランティアと一緒におもちゃの掃除を体験した。

    »全文を読む
  •  心や行動 困難抱える子ども 薬に頼らず治療 会員限定記事

    2018年12月02日

     倉吉市八屋の「虹の森クリニック こころのデイケア虹の森」は、心や行動に問題を抱える子どもへのケアの充実を目指し、親子関係の基盤づくりを重視したペアレントトレーニングを導入した。

    »全文を読む
  •  子育て合言葉「10秒の愛」広がる 接し方、親子に変化 会員限定記事

    2018年11月30日

     琴浦町が取り組む「10秒の愛~やさしさの貯金~」。「忙しい毎日の中で10秒だけでも子どもと向き合おう」という子育ての合言葉で、取り組みは10年を迎えた。町主体から今では保護者らで組織する実行委員会と連動し、講演会や講師派遣などを展開。鳥取県内の他の自治体にも取り組みが広がっている。

    »全文を読む