子育て応援情報

  •  子育て中の女性、スキル生かそう 隼ラボに日替わり店 会員限定記事

    2018年06月12日

     女性がスキルを生かして働ける場と安心して買い物ができる店を併設した「cocoto+(ココト)」が10日、八頭町見槻中の「隼Lab(ラボ)」内にオープンした。バルーンショーや雑貨作りのワークショップなどが行われ、多くの家族連れでにぎわった。

    »全文を読む
  •  プール飛び込み、児童1人けが 昨夏、倉吉の小学校 会員限定記事

    2018年06月12日

     鳥取県の山本仁志教育長は11日の定例会見で、昨年あった小学校のプールでの課外授業で、飛び込みをした児童がけがをした事故が1件あったと明らかにした。

    »全文を読む
  •  子どもの気持ちで授業体験 親子あべこべ参観日

    2018年06月12日

     鳥取県米子市明治町の英会話タイムライフで、保護者がレッスンを受け子どもがその様子を見守る「親子あべこべ参観日」が開かれた。日頃から子どもたちがどんな気持ちで英会話を学んでいるか、保護者が体験した。

    »全文を読む
  •  倉吉北高生に美への道熱く 山野愛子ジェーンさん

    2018年06月12日

     鳥取県あいサポート大使で美容家の山野愛子ジェーンさんが11日、倉吉北高で「美道(びどう)とスマイル」と題して講演した。生徒をモデルにヘアメークや振り袖の着付けなどを披露し、見た目だけではなく、精神的な美や健康であることの美しさについて説いた。

    »全文を読む
  •  花に誘われ家族連れ散策 湯梨浜で花と緑のフェア 会員限定記事

    2018年06月10日

     「花と緑のフェア」(実行委主催)が9日、湯梨浜町藤津の東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園で開幕した。多くの家族連れらが訪れ、園内の散策を楽しみながらフェアを満喫した。10日まで。

    »全文を読む
  •  地元企業の魅力に触れる キャリア教育事業で八頭高 会員限定記事

    2018年06月10日

     企業訪問を通して自分の生き方や将来の仕事について考える本年度1回目のキャリア教育事業(鳥取県中小企業団体中央会主催)が9日開かれ、八頭高探究コースの2年生79人が県東部の8企業を訪問。地方ならではの強みを生かし、オンリーワンの商品や技術を県内外に発信する地元企業の魅力に触れた。

    »全文を読む
  •  地域課題、高校生が解決 SIH県東部説明会 会員限定記事

    2018年06月10日

     高校生が地域課題を見つけて解決に取り組む「ソーシャルイノベーションハイスクール(SIH)2018」の説明会が9日、鳥取市栄町のカフェソースバンケットで開かれた。鳥取県東部6校から参加した37人がアイデアを提案するワークショップなどを体験。仲間と協力しながら、身近な課題を解決に導く魅力に触れた。

    »全文を読む
  •  スマホやテレビどう付き合う? とっとり子どもサミット 会員限定記事

    2018年06月10日

     子どもたちがスマートフォンなど電子メディアとの付き合い方について考える「とっとり子どもサミット」が9日、鳥取市国府町庁の町コミュニティセンターであった。鳥取県東部の小中学生14人が電子メディアの長所と短所を出し合い、使用上のルールや気を付けることを決めた。

    »全文を読む
  •  全身どろんこ 歓声響く 湯梨浜・まつざきこども園 会員限定記事

    2018年06月09日

     鳥取県湯梨浜町中興寺のまつざきこども園(吉川瑞穂園長)の園児たちが7日、同園横のビオトープ田んぼでどろんこ遊びに興じた。園児たちは走ったり、泥を付け合ったりとあっという間に全身どろんこ姿になり、歓声が周囲に響き渡った。

    »全文を読む
  •  飛び込み台を低く プール事故受け全交換 会員限定記事

    2018年06月09日

     2016年夏に町立小学校のプールに飛び込んだ児童がけがをした事故を受け、湯梨浜町教委は町内全3小学校のプールの飛び込み台をすべて、日本水泳連盟の示すガイドラインに沿って交換することにし、8日開会した6月定例会に、

    »全文を読む