大雪関連ニュース

  •  「突発的大雪増える」 専門家配置や支援体制構築を 会員限定記事

    2017年02月23日

     1月下旬から大雪が続いた鳥取県。記録的な積雪を観測した智頭町や鳥取市では、多数の車が立ち往生し、市民生活は混乱、除雪や排雪に課題を残した。雪害を研究している熊本大減災型社会システム実践研究教育センター特任准教授の古本尚樹氏(48)は

    »全文を読む
  •  除雪費用を助成 鳥取市が新制度創設 会員限定記事

    2017年02月18日

     10~12日の記録的な大雪を受け、鳥取市の深沢義彦市長は17日の定例会見で、生活道路などの除雪を対象にした独自の支援制度を創設する考えを示した。個人負担となっている除雪路線以外の除雪に対し、市が費用を助成する。

    »全文を読む
  •  大雪で宿泊キャンセル4千人 県が観光需要の回復に力 会員限定記事

    2017年02月18日

     記録的な大雪の影響で、鳥取県内宿泊施設のキャンセルが少なくとも約4千人に上ることが17日、県のまとめで分かった。鳥取中部地震による観光客の落ち込みから立ち直りつつあったが、大雪が再び水を差す形となった。県は新年度に向け、あらためて観光需要の回復に力を注ぐ。

    »全文を読む
  •  大雪の建物被害 続出 家や倉庫、車庫が全半壊 会員限定記事

    2017年02月18日

     10~12日に鳥取県内を襲った記録的な大雪で、住宅など建物被害を訴える市民が続出している。ベランダやカーポート(車庫)、物置などが雪の重みで倒壊し、修復で多額の負担が重くのしかかる。

    »全文を読む
  •  雪対策を強化 地域防災計画で鳥取県

    2017年02月18日

     1~2月の記録的な大雪を踏まえ、鳥取県は2017年度末に改定予定の地域防災計画に、大雪対策を盛り込む方針を決めた。幹線道路で長時間の渋滞が発生した際の沿線地域による支援の在り方、バス路線の優先除雪、透析患者への医療支援などを盛り込む。

    »全文を読む
  •  平井知事が被害地視察 県、復旧支援へ

    2017年02月17日

     鳥取県の平井伸治知事は16日、大雪で倒壊したビニールハウスや倒木の現場などを視察して被害状況を確認した。ハウス倒壊の被害が広がっており、県は復旧支援に努める。

    »全文を読む
  •  雪に埋もれた若桜氷ノ山の集落 雪との格闘続く

    2017年02月17日

     10~12日に鳥取市を襲った積雪90センチを超える記録的な大雪にその後も多くの市民が難儀しているが、山深い集落にはその2倍以上の多量の雪が降り積もった所もある。16日になっても屋根にはもっこりと雪が残り、連日住民たちの雪との格闘が続いている。

    »全文を読む
  •  鳥取県内 春の陽気 大雪被害さらに拡大

    2017年02月17日

     鳥取県内は16日、好天に恵まれて気温が上昇し、3月下旬から4月上旬並みの暖かさとなった。鳥取地方気象台によると、高気圧に覆われた影響で、最高気温は鳥取市14・4度、米子市15・3度と平年を5・6~6・3度上回った。

    »全文を読む
  •  ハウス倒壊 農家悲鳴 入荷減、食卓に影響も

    2017年02月17日

     10~12日の記録的な大雪の雪解けが進む鳥取県内で、ビニールハウスの倒壊など農業被害が少しずつ明らかになり、被災した農家から「収入を失う」と悲鳴が上がっている。出荷の遅れが予想され、家庭の食卓にも影響を及ぼしそうだ。

    »全文を読む
  •  除雪費や道路4車線化要望 石井国交相と平井知事面談

    2017年02月16日

     鳥取県の平井伸治知事は15日、国土交通省で石井啓一国交相と面談し、1~2月の大雪被害に関連して除雪費の追加配分、国と県の連携強化、米子道や鳥取道、山陰道の4車線化を求めた。

    »全文を読む