鉄道

  •  推進組織設立へ 伯備新幹線、要望活動を強化 会員限定記事

    2018年08月10日

     中海・宍道湖・大山圏域市長会(会長・中村勝治境港市長)は9日、米子市内で総会を開き、伯備新幹線(中国横断新幹線)の実現に向けた国への要望活動を強めるため、推進組織の設立を目指す方針を確認した。10月をめどに市長会で準備会を立ち上げる。

    »全文を読む
  •  因美線智頭―津山間 復旧心待ち 豪雨被災依然不通 会員限定記事

    2018年08月04日

     西日本豪雨で大きな被害を受けたJR伯備線が復旧、1日に特急「やくも」が運転を再開し、山陰と関西や山陽を結ぶ特急のダイヤは約1カ月ぶりに正常に戻った。ただ、因美線智頭(智頭町)-津山(岡山県津山市)間は不通のまま。JRは再開時期を9月上旬としており、

    »全文を読む
  •  鳥取の故牛尾さん未完のミニSL 家族が寄贈 会員限定記事

    2018年08月01日

     鳥取市中砂見の牛尾寿賀さん=享年(88)=の未完のままだったミニSL(蒸気機関車)「D51」を家族が製作の続行を依頼して1年がかりで完成させ、八頭町西谷のミニSL博物館「やずぽっぽ」に寄贈した。長男の泉さん(64)は「動いている姿に父も喜ぶと思う。たくさんの人に見てもらい、かわいがってもらえたら」と願った。

    »全文を読む
  •  伯備線1日復旧、通常ダイヤへ 31日最終判断 会員限定記事

    2018年07月28日

     JR米子支社は27日、西日本豪雨の影響で上石見(鳥取県日南町)-豪渓(岡山県総社市)間の運転を見合わせている伯備線について、8月1日に特急やくもや寝台特急サンライズ出雲を含む全ての列車を始発から通常ダイヤで

    »全文を読む
  •  伯備線 8月上旬再開へ 上石見-豪渓間 会員限定記事

    2018年07月24日

     JR米子支社は23日、西日本豪雨の影響で運転を見合わせている伯備線上石見(鳥取県日南町)-豪渓(岡山県総社市)間について、8月上旬の運転再開を目指すと発表した。

    »全文を読む
  •  「昭和」利用客が千人突破 若鉄の観光列車、節目祝う 会員限定記事

    2018年07月22日

     第三セクター若桜鉄道の観光列車「昭和」の利用客が21日、千人を達成し、八頭町の郡家駅内で記念セレモニーが行われた。千人目の乗客には「昭和」をデザインした工業デザイナー、水戸岡鋭治氏のサイン入りイラスト額縁が贈られ、節目を祝った。

    »全文を読む
  •  代替バスあすから運行 豪雨で運休の伯備線やくも 会員限定記事

    2018年07月20日

     西日本豪雨の影響でJR伯備線の上石見(日南町)-豪渓(岡山県総社市)間が不通となり、特急やくもが8月中旬まで運休する見通しとなっている問題で、JR米子支社は19日、21日から米子-岡山間を直通で結ぶ代替バスを走らせることを決めた。

    »全文を読む
  •  Sはくと、Sいなば 通常運転13日ぶり再開 会員限定記事

    2018年07月19日

     JR西日本は、西日本豪雨による土砂崩落などによりストップしていた因美線用瀬(鳥取市)-智頭(智頭町)間の復旧を終え18日、智頭線経由の特急「スーパーはくと」(倉吉-京都)と「スーパーいなば」(鳥取-岡山)の通常運転を再開した。

    »全文を読む
  •  伯備線代行バス運行、19日から やくも代替は検討中 会員限定記事

    2018年07月19日

     JR岡山支社は18日、西日本豪雨の影響で運転を見合わせているJR伯備線の豪渓(岡山県総社市)-上石見(日南町)間について、19日から運転再開まで同区間で代行バスを運行すると発表した。普通列車の代替交通として、沿線住民の生活の足を確保する。

    »全文を読む
  •  Sはくと、Sいなば全列車 18日から通常運行 会員限定記事

    2018年07月18日

     JR米子支社は17日、西日本豪雨の影響で用瀬(鳥取市用瀬町)-智頭(智頭町)間の運転を見合わせている因美線について、18日の始発から通常ダイヤで運行すると正式に発表した。特急「スーパーはくと」(倉吉-京都)、特急「スーパーいなば」(鳥取-岡山)の全列車が全線で運転を再開する。

    »全文を読む