とっとりふるさと就職魅力発信


 自らの体験を踏まえ、大学生に鳥取県内への就職を呼び掛けている「とっとり就活サポーター」(県内企業の若手社員)。都会からのUターンや地元就職を決断したのは、鳥取にも自分らしく働ける魅力的な企業、職場があったから。ふるさとで仕事にやりがいを感じ、充実した日々を送る“ふるさと就職伝道師”たちの思い、近況などを紹介する。
とっとりふるさと就職魅力発信事業
(8)「やりたいこと」メインに
 2019年卒の就職活動がスタートする。引き続き「売り手市場」といわれるが、満足いく結果を得るために各自が取り組むべきことは何か。学生向け就職情報を提供する「マイナビ」山陰支社長の綾木祥さん(31)に聞いた。
(7)初の女性営業に抜てき
「人に役立つ仕事をしたい」。快活で、まぶしいような笑顔から充実した日々がうかがえる。一条工務店山陰で、初の女性営業に抜てきされた。入社1年目で、早くも即戦力として活躍する。
(6)ストレスない環境魅力
営業部主任として、フロント業務を担当。国内外から訪れる宿泊客を笑顔で迎え入れる「旅館の顔」だ。「お客さまに『来て良かった』と喜んでもらうことが、私たちの喜び。そのために何ができるかを考え、最高のおもてなしをしたい」と話す。
(5)地方でも全国発信できる
自治体のふるさと納税システムに特化した営業部門で、北海道から沖縄まで全国を飛び回る。仕事の大変さより、面白さのほうが勝る日々を送っている。
(4)文系出身、技術系企業へ
「就活では“技術系の企業だから、文系は…”という考えをしないことで、いろんな可能性が出てくるはず」
(3)助成金で安心して仕事
「月々の返済を考えると不安もあったが、助成金のおかげで安心して仕事ができる」。鳥取短期大食物栄養専攻を卒業し、入社して1年8カ月。鳥取県未来人材育成奨学金支援助成金を活用し、充実した毎日を送る。
(2)気楽にインターンシップ
「まさか自分がIT企業に就職するなんて」。就職活動するまで全く頭になかった業界でソフトウエアエンジニアとして働く毎日に、一番驚いているのは自分だ。
(1)自分の個性生かせる
 地元鳥取大を卒業して入行し、7年目。支店勤務を経て、本部の人事部人材開発室で行員向けの研修を担当している。


▽▽ 2016年度の連載記事 ▽▽
(8)どのように暮らすか
 2018年卒の就職活動がスタート。ちまたでは「売り手市場」といわれるが、自分が本当に輝ける場所を見いだすのは、たやすいことではない。ライフキャリアを見据えた納得のいく選択について、学生向け就職情報などを提供する「マイナビ」岡山支社長の白波瀬卓也さん(34)に聞いた。
(7)「文系でも大丈夫」
 土木・建築工事を軸とした総合建設業の井木組に入社して2年目。工務管理部に所属し、書類作成での建設現場のサポートや安全管理などに携わっている。
(6)地方でも勝負できる
 「インターネットがどこでもつながる時代。システムエンジニア(SE)の仕事は、地方にいても勝負できる」-。鳥取大工学部を卒業し、システムマネジメント事業を手掛ける「ケイズ」に入社して7年目。製品開発の部門でSEとして働く。
(5)知れば知るほど使命感
 鳥取大工学部を卒業して今、電子機器製造会社の総務部主任を務める。設計、開発、研究…多くの理系学卒者の希望職種を自分も望んでいた。大学時代の関係者には現在の配属部署に驚かれるが、意に介さない。「会社の中心部に当たる業務を勉強させてもらっている」。知れば知るほど使命感が増すからだ。
(4)「したいのは福祉の仕事」
 「私がしたいのは福祉の仕事だ」-。社会福祉法人「日翔会」の紹介ビデオを、倉吉市内で開かれた就職フェアで見て直感した。京都府出身。鳥取環境大4年生の時だった。ビデオには、生き生きと働く日翔会の先輩たちの姿があった。
(3)笑顔も届ける宅配へ
 決まった曜日の決まった時間、組合員宅に食品など注文の商品を届ける。2014年4月の入協以来、買い物に出にくい高齢者や子育て中の共働き世帯などの利用が多い宅配事業に携わる。今、暮らしに寄り添い、笑顔に触れる仕事が楽しい。
(2)役立った就業体験
機械部品の鋳造、金型製造の企業の一員になって9カ月。企業誘致や工場増設が続き若い人材が必要とされる製造業で、インターンシップ(就業体験)での出合いを就職へとつなげ、今、コンピューターによる金型設計を担う。
(1)同世代の社員から刺激
 「自分は将来何がしたいのか」―。就職活動のさなか、ようやく見つけたキーワードが「鳥取に関わる仕事」「ふるさとへの貢献」だった。




関連ニュース

  •  県立ハローワークが出張業務 プラント5境港店で

    2017年11月19日

     鳥取県が7月に米子、境港両市などに開設した「県立ハローワーク」の出張業務が18日、境港市竹内団地のプラント5境港店で行われた。県立境港ハローワーク(境港市役所内、片寄佳人所長)が初めて実施。

    »全文を読む
  •  県立ハローワーク、県全域展開 倉吉、鳥取、八頭にも

    2017年11月16日

     鳥取県は新年度、国の地方分権改革を受けて県が独自に設ける職業紹介所「県立ハローワーク」を全県展開する。現在は米子、境港両市と東京、大阪で先行開設しているが、堅調な利用を背景に倉吉、鳥取、八頭の3市町にも開設。

    »全文を読む
  •  県への移住、上半期最高 トップは鳥取市

    2017年11月02日

     鳥取県は1日、本年度上半期(4~9月)の県外からの移住者が678世帯933人に上り、統計を取り始めた2013年度以降、最高だったと発表した。下半期も順調に推移すれば、過去最高の2022人を記録した昨年度と同程度か微増となる見通し。

    »全文を読む
  •  就職内定率59・7% 来春卒業県内高校生

    2017年10月26日

     鳥取労働局は25日までに、来年3月の高校卒業予定者の就職内定状況(9月末現在)をまとめた。内定者は706人(前年同月674人)、内定率は59・7%(同58・1%)で1997年9月以来20年ぶりの高水準となった。

    »全文を読む
  •  県、明大と就職支援協定 IJUターン促進

    2017年10月19日

     鳥取県とふるさと鳥取県定住機構(森谷邦彦理事長)は18日、明治大(東京都、土屋恵一郎学長)と就職支援に関する協定を結んだ。県内企業の情報提供や学内での就職支援行事を通じて、IJUターン就職を促す。関東では中央大(東京都)に続き2校目。

    »全文を読む
  •  警察官の仕事体験 鳥取県警でインターンシップ

    2017年09月22日

     学生が警察官の仕事を体験するインターンシップが、鳥取県警で行われている。本年度の警察官採用試験内定者のうち希望した4人を含む計12人の学生が参加。21日は鑑識作業や似顔絵作成などに挑戦した。

    »全文を読む