とっとりふるさと就職魅力発信


 自らの体験を踏まえ、大学生に鳥取県内への就職を呼び掛けている「とっとり就活サポーター」(県内企業の若手社員)。都会からのUターンや地元就職を決断したのは、鳥取にも自分らしく働ける魅力的な企業、職場があったから。ふるさとで仕事にやりがいを感じ、充実した日々を送る“ふるさと就職伝道師”たちの思い、近況などを8回にわたって紹介する。
とっとりふるさと就職魅力発信事業
(8)どのように暮らすか
2018年卒の就職活動がスタート。ちまたでは「売り手市場」といわれるが、自分が本当に輝ける場所を見いだすのは、たやすいことではない。ライフキャリアを見据えた納得のいく選択について、学生向け就職情報などを提供する「マイナビ」岡山支社長の白波瀬卓也さん(34)に聞いた。
(7)「文系でも大丈夫」
 土木・建築工事を軸とした総合建設業の井木組に入社して2年目。工務管理部に所属し、書類作成での建設現場のサポートや安全管理などに携わっている。
(6)地方でも勝負できる
 「インターネットがどこでもつながる時代。システムエンジニア(SE)の仕事は、地方にいても勝負できる」-。鳥取大工学部を卒業し、システムマネジメント事業を手掛ける「ケイズ」に入社して7年目。製品開発の部門でSEとして働く。
(5)知れば知るほど使命感
 鳥取大工学部を卒業して今、電子機器製造会社の総務部主任を務める。設計、開発、研究…多くの理系学卒者の希望職種を自分も望んでいた。大学時代の関係者には現在の配属部署に驚かれるが、意に介さない。「会社の中心部に当たる業務を勉強させてもらっている」。知れば知るほど使命感が増すからだ。
(4)「したいのは福祉の仕事」
 「私がしたいのは福祉の仕事だ」-。社会福祉法人「日翔会」の紹介ビデオを、倉吉市内で開かれた就職フェアで見て直感した。京都府出身。鳥取環境大4年生の時だった。ビデオには、生き生きと働く日翔会の先輩たちの姿があった。
(3)笑顔も届ける宅配へ
 決まった曜日の決まった時間、組合員宅に食品など注文の商品を届ける。2014年4月の入協以来、買い物に出にくい高齢者や子育て中の共働き世帯などの利用が多い宅配事業に携わる。今、暮らしに寄り添い、笑顔に触れる仕事が楽しい。
(2)役立った就業体験
機械部品の鋳造、金型製造の企業の一員になって9カ月。企業誘致や工場増設が続き若い人材が必要とされる製造業で、インターンシップ(就業体験)での出合いを就職へとつなげ、今、コンピューターによる金型設計を担う。
(1)同世代の社員から刺激
 「自分は将来何がしたいのか」―。就職活動のさなか、ようやく見つけたキーワードが「鳥取に関わる仕事」「ふるさとへの貢献」だった。




関連ニュース

  •  学生ら積極的に質問 米子で日本海優良企業説明会

    2017年03月22日

     2018年春に大学、短大、専門学校等を卒業する学生を対象とした「日本海優良企業合同説明会」(新日本海新聞社主催)が21日、米子市明治町の米子ワシントンホテルプラザで開かれた。鳥取、島根両県の企業59社のブースが並び、学生らが企業の説明に熱心に耳を傾けた。

    »全文を読む
  •  最上インクス進出協定調印 県や鳥取市と 会員限定記事

    2017年03月15日

     鳥取市古海の古海工業団地に進出する精密金属加工、最上インクス(京都市、鈴木滋朗社長)と鳥取県、鳥取市などは14日、進出に関する協定を結んだ。

    »全文を読む
  •  倉吉市がワイン特区 小規模醸造、参入容易に

    2017年03月11日

     鳥取県倉吉市は、構造改革特区の「ワイン特区」認定を内閣府に申請する。認定されれば、小規模でもワインが作れるようになり、6次産業化の後押しや地域資源のワインを活用したまちづくりに期待が膨らむ。地域は県内有数のブランド産地・北栄町、湯梨浜町、倉吉市が対象で、5月に申請する。

    »全文を読む
  •  最上インクス鳥取進出 京都の精密金属部品加工

    2017年03月11日

     精密金属部品の試作加工などを手掛ける最上インクス(京都市、鈴木滋朗社長)の鳥取市進出が、10日までに決まった。投資額は約3億円、3年間で約40人を雇用する計画。鳥取市古海の金属加工、キンキ製造(福井由美社長)の製造設備と土地の一部を取得し、従業員23人を全員雇用する。4月をめどに操業開始を予定。

    »全文を読む
  •  介護職の魅力発信 DVD制作、中高生に配布

    2017年03月01日

     鳥取県社会福祉協議会は、介護の仕事の魅力を中高生に発信するDVDを制作した。現役の介護職員が出演し、仕事のやりがいや休日の過ごし方などを映像で紹介している。「きつい」「休みがない」などのイメージが根強い介護職に対する理解を促し、将来の進路選択の参考にしてもらう狙い。県内の中学校や高校などへ配布する。

    »全文を読む
  •  働き方見直す動き加速 相談や講師派遣が増加

    2017年02月08日

     長時間労働の是正など政府が進める働き方改革の計画づくりが本格化する中、鳥取県が設置する県中小企業労働相談所(みなくる)への労働相談や、社内研修や教育現場への講師派遣の依頼が増えている。

    »全文を読む
  •  入試や就職活動状況報告 鳥取環境大運営協

    2017年01月31日

     鳥取環境大は30日、運営協議会を鳥取県庁で開き、2017年度入試の状況や就職活動の状況について県や鳥取市に報告。推薦入試では、昨年10月の鳥取中部地震によるとみられる影響で、志願者数が大幅に減ったと説明した。

    »全文を読む
  •  鳥取県立ハローワーク新設 子育てや移住策と連動

    2017年01月06日

     鳥取県の平井伸治知事は、新年度に「県立ハローワーク」を新設する意向を固めた。県の産業政策や子育て支援、移住政策と連動し、企業進出を見据えた職業あっせんに取り組み、多様な雇用形態の導入や女性の社会進出を促す。県独自のネットワークを活用し、求人情報の提供、求職者と企業側のニーズを擦り合わせる。

    »全文を読む
  •  鳥取暮らしの良さ紹介 東京で移住定住交流会

    2016年12月06日

     鳥取県への移住定住を促進する「とっとり暮らしWaku×3ナイト交流会in有楽町」が3日、東京都千代田区のふるさと回帰支援センターで開かれた。地方移住に関心のある首都圏在住者らが参加し、先輩移住者の話に耳を傾けた。

    »全文を読む
  •  障害者支援制度学ぶ 雇用促進へ県が講習会

    2016年12月06日

     障害者雇用を促進するため鳥取県は5日、米子市内で講習会を開いた。企業の人事担当者や障害者の就業支援機関、学校関係者ら約30人が参加し、企業で障害者が円滑に働けるよう環境づくりに当たる「ジョブコーチ(JC)」と呼ばれる

    »全文を読む