とっとりふるさと就職魅力発信


 自らの体験を踏まえ、大学生に鳥取県内への就職を呼び掛けている「とっとり就活サポーター」(県内企業の若手社員)。都会からのUターンや地元就職を決断したのは、鳥取にも自分らしく働ける魅力的な企業、職場があったから。ふるさとで仕事にやりがいを感じ、充実した日々を送る“ふるさと就職伝道師”たちの思い、近況などを紹介する。
とっとりふるさと就職魅力発信事業
(3)助成金で安心して仕事
「月々の返済を考えると不安もあったが、助成金のおかげで安心して仕事ができる」。鳥取短期大食物栄養専攻を卒業し、入社して1年8カ月。鳥取県未来人材育成奨学金支援助成金を活用し、充実した毎日を送る。
(2)気楽にインターンシップ
「まさか自分がIT企業に就職するなんて」。就職活動するまで全く頭になかった業界でソフトウエアエンジニアとして働く毎日に、一番驚いているのは自分だ。
(1)自分の個性生かせる
 地元鳥取大を卒業して入行し、7年目。支店勤務を経て、本部の人事部人材開発室で行員向けの研修を担当している。


▽▽ 2016年度の連載記事 ▽▽
(8)どのように暮らすか
 2018年卒の就職活動がスタート。ちまたでは「売り手市場」といわれるが、自分が本当に輝ける場所を見いだすのは、たやすいことではない。ライフキャリアを見据えた納得のいく選択について、学生向け就職情報などを提供する「マイナビ」岡山支社長の白波瀬卓也さん(34)に聞いた。
(7)「文系でも大丈夫」
 土木・建築工事を軸とした総合建設業の井木組に入社して2年目。工務管理部に所属し、書類作成での建設現場のサポートや安全管理などに携わっている。
(6)地方でも勝負できる
 「インターネットがどこでもつながる時代。システムエンジニア(SE)の仕事は、地方にいても勝負できる」-。鳥取大工学部を卒業し、システムマネジメント事業を手掛ける「ケイズ」に入社して7年目。製品開発の部門でSEとして働く。
(5)知れば知るほど使命感
 鳥取大工学部を卒業して今、電子機器製造会社の総務部主任を務める。設計、開発、研究…多くの理系学卒者の希望職種を自分も望んでいた。大学時代の関係者には現在の配属部署に驚かれるが、意に介さない。「会社の中心部に当たる業務を勉強させてもらっている」。知れば知るほど使命感が増すからだ。
(4)「したいのは福祉の仕事」
 「私がしたいのは福祉の仕事だ」-。社会福祉法人「日翔会」の紹介ビデオを、倉吉市内で開かれた就職フェアで見て直感した。京都府出身。鳥取環境大4年生の時だった。ビデオには、生き生きと働く日翔会の先輩たちの姿があった。
(3)笑顔も届ける宅配へ
 決まった曜日の決まった時間、組合員宅に食品など注文の商品を届ける。2014年4月の入協以来、買い物に出にくい高齢者や子育て中の共働き世帯などの利用が多い宅配事業に携わる。今、暮らしに寄り添い、笑顔に触れる仕事が楽しい。
(2)役立った就業体験
機械部品の鋳造、金型製造の企業の一員になって9カ月。企業誘致や工場増設が続き若い人材が必要とされる製造業で、インターンシップ(就業体験)での出合いを就職へとつなげ、今、コンピューターによる金型設計を担う。
(1)同世代の社員から刺激
 「自分は将来何がしたいのか」―。就職活動のさなか、ようやく見つけたキーワードが「鳥取に関わる仕事」「ふるさとへの貢献」だった。




関連ニュース

  •  県、明大と就職支援協定 IJUターン促進

    2017年10月19日

     鳥取県とふるさと鳥取県定住機構(森谷邦彦理事長)は18日、明治大(東京都、土屋恵一郎学長)と就職支援に関する協定を結んだ。県内企業の情報提供や学内での就職支援行事を通じて、IJUターン就職を促す。関東では中央大(東京都)に続き2校目。

    »全文を読む
  •  警察官の仕事体験 鳥取県警でインターンシップ

    2017年09月22日

     学生が警察官の仕事を体験するインターンシップが、鳥取県警で行われている。本年度の警察官採用試験内定者のうち希望した4人を含む計12人の学生が参加。21日は鑑識作業や似顔絵作成などに挑戦した。

    »全文を読む
  •  取引先取材、魅力聞き出す 鳥取銀行インターンシップ

    2017年09月04日

     鳥取銀行(平井耕司頭取)のインターンシップに参加した学生たちが同行の取引先を取材、大学生から見た企業の魅力などをまとめ、各企業の経営者らに報告した。銀行の営業や与信管理などの業務で必要な企業とのやりとりを経験するとともに、地域で活躍する企業の魅力を知ってもらいたいと学生人材バンク(中川玄洋代表理事)と同行が共同で企画した。

    »全文を読む
  •  鳥取を挑戦の場に 学生の県内起業支援

    2017年05月23日

     鳥取県は、都市部に暮らす大学生を対象に起業支援プロジェクトをスタートした。地元の活性化につながるビジネスプランを考えてもらい、専門家が支援する。「地元で働きたいが希望する仕事がない」として県内就職を避ける若者が多い中、

    »全文を読む
  •  運用開始で内覧会 湯梨浜に初のお試し住宅

    2017年05月17日

     鳥取県湯梨浜町は16日、運用を開始する同町川上の「ゆりはま暮らしお試し住宅~もりた屋~」の内覧会を行った。利用者には住民としての生活体験を通じて、地域住民と交流を深めてもらい、地域の活性化につなげる。

    »全文を読む
  •  最上インクス進出協定調印 県や鳥取市と

    2017年03月15日

     鳥取市古海の古海工業団地に進出する精密金属加工、最上インクス(京都市、鈴木滋朗社長)と鳥取県、鳥取市などは14日、進出に関する協定を結んだ。

    »全文を読む
  •  働き方見直す動き加速 相談や講師派遣が増加

    2017年02月08日

     長時間労働の是正など政府が進める働き方改革の計画づくりが本格化する中、鳥取県が設置する県中小企業労働相談所(みなくる)への労働相談や、社内研修や教育現場への講師派遣の依頼が増えている。

    »全文を読む
  •  入試や就職活動状況報告 鳥取環境大運営協

    2017年01月31日

     鳥取環境大は30日、運営協議会を鳥取県庁で開き、2017年度入試の状況や就職活動の状況について県や鳥取市に報告。推薦入試では、昨年10月の鳥取中部地震によるとみられる影響で、志願者数が大幅に減ったと説明した。

    »全文を読む
  •  鳥取県立ハローワーク新設 子育てや移住策と連動

    2017年01月06日

     鳥取県の平井伸治知事は、新年度に「県立ハローワーク」を新設する意向を固めた。県の産業政策や子育て支援、移住政策と連動し、企業進出を見据えた職業あっせんに取り組み、多様な雇用形態の導入や女性の社会進出を促す。県独自のネットワークを活用し、求人情報の提供、求職者と企業側のニーズを擦り合わせる。

    »全文を読む