2017衆院選鳥取





  •  石破氏 圧勝11選 2区赤沢氏も5回連続 衆院選・鳥取

    2017年10月23日

     5年近くにわたる安倍晋三首相の政権運営や憲法改正、北朝鮮対応を含む安全保障、消費税増税などを争点とした第48回衆院選は22日、投開票された。鳥取1区は、自民党前職で元地方創生担当相の石破茂氏(60)=公明党推薦=が盤石の構えで11回連続の当選を決めた。

    »全文を読む
  •  投票率56・43% 前回上回る 期日前は過去最多 会員限定記事

    2017年10月23日

     鳥取県全体で衆院選小選挙区の投票率は56・43%となり、2014年12月の前回選挙を2・05ポイント上回った。公示直前まで新党結成が相次ぎ、くら替え出馬する候補もあったが争点に新味はなく、台風に見舞われたこともあって投票率は低迷した。

    »全文を読む
  •  「誠心誠意務める」 石破さん、重みかみしめ 会員限定記事

    2017年10月23日

     「ただいま当選確実が出ました!」。午後8時、開票開始時刻とほぼ同時に当確が伝えられると、鳥取市戎町の事務所に集まった支持者から歓声と拍手がわき起こった。不在選挙を支えた妻の佳子さん(61)と共に姿を見せた石破茂さんは、

    »全文を読む
  •  鳥取から地方創生 赤沢さん 会員限定記事

    2017年10月23日

     「やったー」。午後8時すぎ、赤沢亮正さんの5度目の「当確」が米子市加茂町1丁目の事務所に伝わると、支持者ら約100人が一斉に拍手し、赤沢さんと妻の千晶さん(46)を出迎え。赤沢さんは「鳥取から日本を救う地方創生を発信したい。

    »全文を読む
  •  鳥取の5氏に審判 衆院選22日投開票 会員限定記事

    2017年10月22日

     第48回衆院選は22日、投票が行われ、即日開票される。 鳥取1区は共産党新人の塚田成幸(53)、自民党前職の石破茂(60)の2候補、鳥取2区は共産党新人の福住英行(41)、希望の党元職の湯原俊二(54)、自民党前職の赤沢亮正(56)の3候補が

    »全文を読む
  •  北朝鮮対応 圧力か対話か 衆院選鳥取 会員限定記事

    2017年10月21日

     衆院選は22日に投開票日を迎える。鳥取1区は共産党新人の塚田成幸(53)、自民党前職の石破茂(60)の2候補、鳥取2区は共産党新人の福住英行(41)、希望の党元職の湯原俊二(54)、自民党前職の赤沢亮正(56)の3候補が論戦を繰り広げている。

    »全文を読む
  •  台風接近が追い打ち? 投票率 低下懸念 会員限定記事

    2017年10月21日

     衆院選鳥取1、2区の各候補の陣営が投票率の行方に気をもんでいる。2014年の前回は1区50・51%、2区58・23%で、いずれも過去最低を更新。22日の投開票日に台風21号の影響が大きければ投票率がさらに下がる可能性も否定できず、

    »全文を読む
  •  鳥取5候補 最後の訴え 衆院選22日投開票 会員限定記事

    2017年10月21日

     第48回衆院選は22日、投開票を迎える。

    »全文を読む
  •  3陣営 最終盤の攻防 衆院選、鳥取2区 会員限定記事

    2017年10月20日

     衆院選は最終盤を迎え、鳥取2区では共産党新人の福住英行(41)、希望の党元職の湯原俊二(54)、自民党前職の赤沢亮正(56)の3候補が票獲得に奔走する。3回連続の同じ顔触れの選挙戦。

    »全文を読む
  •  統廃合、遠のく投票所 ピークより200カ所超減 会員限定記事

    2017年10月20日

     人口減が進む鳥取県内で、選挙の投票日に設置される投票所が減り続けている。ピークの2003年衆院選で571カ所あった投票所は今回363カ所となり、減少率は36・4%(全国平均10・6%)と47都道府県で最も高い。

    »全文を読む