2017衆院選鳥取





  •  石破氏 総裁選へ始動 地元圧勝、派閥全員当選させ 会員限定記事

    2017年10月27日

     衆院選が終わり、自民党の党内政局の焦点は来秋の総裁選に移る。鳥取1区で圧勝した石破茂元地方創生担当相(60)は石破派のメンバー全員の当選にこぎ着け、改めて総裁選に意欲を燃やす。

    »全文を読む
  •  衆院選2017「決戦余波」(下) 会員限定記事

    2017年10月26日

     「遊説しても反応が薄く、選挙をしている感じがしない」
     15日、倉吉市のショッピングセンター前で共産、社民、新社会の3党が実施した野党の

    »全文を読む
  •  衆院選2017「決戦余波」(中) 会員限定記事

    2017年10月25日

     「石破さんのはいいが、安倍さんのは持って帰ってくれ」。八頭郡内の自民党系町議は公示前、複数の有権者から政党ポスターの掲示を断られた。「石破人気と自民支持は別物。党にはかなりの逆風が吹いている」

    »全文を読む
  •  「地方の問題総ざらいを」 衆院選受け平井知事 会員限定記事

    2017年10月24日

     平井伸治鳥取県知事は23日の記者会見で、衆院選での与党大勝を受け「地方の問題を総ざらいしていただきたい」と述べ、地方財政や参院選挙区の合区解消への配慮を求めた。

    »全文を読む
  •  衆院選鳥取 一夜明け 石破さん、赤沢さん 会員限定記事

    2017年10月24日

     衆院選の投開票から一夜明けた23日、当選した鳥取1区の石破茂さん(60)=自民前=と同2区の赤沢亮正さん(56)=同=は、改めて国政での活躍を誓った。

    »全文を読む
  •  自民3千減の9万票台 県内比例代表政党別獲得数 会員限定記事

    2017年10月24日

     自民、公明両党が3分の2超の議席を確保した衆院選。鳥取県内では比例代表で自民党が9万3840票を獲得。前回選より約3千票減らし、得票率も前回を2・87ポイント下回る35・72%にとどまった。一方、公示直前に結成された希望の党は5万3564票、立憲民主党は4万1172票を獲得。共産党は約6千票減らした。

    »全文を読む
  •  衆院選2017「決戦余波」(上) 会員限定記事

    2017年10月24日

     「小選挙区で勝てず、比例でも…。詰めが甘かった」。日付が変わった23日未明。開票が進む中、比例復活当選の芽が断たれた希望の党元職、湯原俊二氏(54)は事務所で頭を下げた。

    »全文を読む
  •  石破氏 圧勝11選 2区赤沢氏も5回連続 衆院選・鳥取

    2017年10月23日

     5年近くにわたる安倍晋三首相の政権運営や憲法改正、北朝鮮対応を含む安全保障、消費税増税などを争点とした第48回衆院選は22日、投開票された。鳥取1区は、自民党前職で元地方創生担当相の石破茂氏(60)=公明党推薦=が盤石の構えで11回連続の当選を決めた。

    »全文を読む
  •  投票率56・43% 前回上回る 期日前は過去最多 会員限定記事

    2017年10月23日

     鳥取県全体で衆院選小選挙区の投票率は56・43%となり、2014年12月の前回選挙を2・05ポイント上回った。公示直前まで新党結成が相次ぎ、くら替え出馬する候補もあったが争点に新味はなく、台風に見舞われたこともあって投票率は低迷した。

    »全文を読む
  •  「誠心誠意務める」 石破さん、重みかみしめ 会員限定記事

    2017年10月23日

     「ただいま当選確実が出ました!」。午後8時、開票開始時刻とほぼ同時に当確が伝えられると、鳥取市戎町の事務所に集まった支持者から歓声と拍手がわき起こった。不在選挙を支えた妻の佳子さん(61)と共に姿を見せた石破茂さんは、

    »全文を読む