9
Vol.264 2017.9.14

TOP>>うさ耳レ・シ・ピ

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Vol.110

 
くり菓子

材料(10個分)
道明寺粉…120g
水 …180ml
上白糖…大さじ2
塩…少々
くりの甘露煮 10個
 
作り方
@ボウルに道明寺粉を入れ、木べらで混ぜながら分量の水を加える。ダマになりやすいのでよく混ぜる。ラップをして電子レンジ(500W)に5分間かける。

Aラップをはずして乾いたふきんをかぶせ、10分間蒸らす。

B上白糖と塩を加え、木べらで切るように混ぜてよくなじませる。

Cまな板の上にラップを広げてBをのせ、ざっと棒状に包む。手で転がしながらのばして形を整える。

Dラップをはずし、へらを水でぬらしながら10等分に切る。

E一つを手にとって形を整え、真ん中にくりを押し込む。残りも同様に。※くりの甘露煮は、みつとともにボウルに入れ、ラップをせずに電子レンジ(500W)に約30〜40秒間かけ、ざるに上げる。



 
調理時間:20分
MENU MEMO
【12月の食養生】
 一年の中でも陰の極まる月です。陽を補う食材をとることにより、陰と陽のバランスを図り、健康を維持します。陽を補うことを補陽といい、食材としてはカボチャ、エビ、サケ、もち米、くり、ニラ、羊肉、鹿肉などです。

ワンポイント
 くりは若返り食材の一つです。気力を養い、疲れや足腰のだるさをとり、下半身の強化に役立ちます。また、胃腸を温めるので、お腹の冷えや下痢に効果的です。




Samadhi(サマディ)  栄養士 田中真奈美さん

  (有)坂根産業 健康事業部Samadhiを結成し、栄養・運動・心の総合的な健康づくりを目指して活動中。人間力・地頭力・基礎力を柱に前進をしながら、さらなる総合的な健康づくりを追及中。

栄養士
認定心理士
健康運動指導士
医療秘書士
児童福祉士





トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)