9
Vol.264 2017.9.14

TOP>>うさ耳レ・シ・ピ

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Vol.117

 
春キャベツとしらすのあえ物

材料(2人分)
春キャベツ・・1/4個
トウモロコシ・1/2個
しらす・・・・大さじ3
ニンジン・・・少々
七味唐辛子・・少々

 レモン・・1/2個
 ごま油・・大さじ1
 塩・こしょう・少々
 酢・・・・大さじ1
 蜂蜜・・・大さじ1/2

 
作り方
@キャベツは千切りにし、塩少々(分量外)をふってぎゅっと押し、水気を切る。トウモロコシはゆでて実をはずす。ニンジンは4cmの千切りにする。

AAを混ぜ合わせ、@としらすをあえ、七味唐辛子をふる。

 
調理時間:15分
MENU MEMO
キャベツ
胃もたれ、胃かいように顕著な効果をもたらす「食べる胃腸薬」

春キャベツ
 葉がやわらかくみずみずしいため、生食がベスト。巻きがふんわりとゆるいものが良質とされる。

冬キャベツ
 肉厚で甘みが強く、煮崩れしにくいため煮込み料理に向いている。外葉の色が濃く、巻きがかたくてどっしりと重いものを。

外葉
胃を健やかにし、五臓を養う効果がある。内臓に効く葉に比べ、骨を強くするビタミンKや抗酸化作用のあるカロテンを多く含む。


葉以上にビタミンCが豊富に含まれている。




Samadhi(サマディ)  栄養士 田中真奈美さん

  (有)坂根産業 健康事業部Samadhiを結成し、栄養・運動・心の総合的な健康づくりを目指して活動中。人間力・地頭力・基礎力を柱に前進をしながら、さらなる総合的な健康づくりを追及中。

栄養士
認定心理士
健康運動指導士
医療秘書士
児童福祉士





トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)