9
Vol.264 2017.9.14

TOP>>うさ耳レ・シ・ピ

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Vol.130

 
酢ばす

材料(2人分)
レンコン・1節(約200g)

A
赤トウガラシ・・1本
砂糖・・大さじ1と1/2
塩・・少々
酢・・大さじ4
水・・大さじ1

 
作り方
(1)レンコンは皮をむき、薄切りにして酢水(分量外)にさらす。

(2)鍋にAを入れて煮立て、レンコンを入れて3分ほど煮立て、すぐに取り出して冷ます。

(3)器に盛り、煮たトウガラシを散らす。



 
調理時間:15分
MENU MEMO
ワンポイント
 加熱したレンコンと甘酢に、体を温める作用の強いトウガラシを加えます。これにより寒性の性質があるレンコンを冬に食べても体が冷えない食品に変えます。

レンコン
 〜生のものは血を止め、加熱したものは胃を健やかにする。常食していれば、心を安らかにし気力を充実させ、精をつける効能があるとされる。〜

地下茎
 生のものは寒性で止血やせき止めの作用が強いので、すりおろして使う。加熱すると平性に変わり、胃腸を健やかにして、気や血を増す効果がある。皮付きのほうが薬効も高く風味も強い。食物繊維、ビタミンC、鉄分、タンニンが豊富。


 出血を止める作用は、節の部分が特に強い。せきを止め、たんを切る作用もある。


 胃腸を丈夫にし、腎を強化する滋養強壮食品。夏の未熟なものはやわらかく甘味があるので皮をむいて生食にする。乾燥したものはスープや煮物、菓子材料として用いられる。

Samadhi(サマディ)  栄養士 田中真奈美さん

  (有)坂根産業 健康事業部Samadhiを結成し、栄養・運動・心の総合的な健康づくりを目指して活動中。人間力・地頭力・基礎力を柱に前進をしながら、さらなる総合的な健康づくりを追及中。

栄養士
認定心理士
健康運動指導士
医療秘書士
児童福祉士





トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)