9
Vol.264 2017.9.14

TOP>>うさ耳レ・シ・ピ

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Vol.138

 
豆腐のドライカレー

材料:4〜5人分
豆腐(木綿)・・1丁
タマネギ・・1個
ニンジン・・1本
コンニャク・・100g
ショウガ・・1かけ
カレー粉・・大さじ2
ケチャップ・・大さじ3
ウスターソース・・大さじ2
しょうゆ・・小さじ1
クミン・・少々
(なくてもよい)
塩・・小さじ1/2
サラダ油・・大さじ1

(ターメリックライス)
米水・・2カップ
ターメリック・・2カップ
コンソメ・・小さじ1
※パセリ・・小さじ1/2
 
作り方
(1)豆腐をふきんで包んで重石をし、1時間以上水切りする。

(2)タマネギ、ニンジン、コンニャク、ショウガはみじん切りにする。コンニャクは熱湯で1〜2分ゆでてザルにあげる。

(3)フライパンに豆腐を手でくずしながら入れ(油は引かない)、火にかける。ヘラで細かくつぶしながらいためる。

(4)水分が飛んでポロポロになったら、真ん中をあけてサラダ油を入れ、そこにショウガを加えて香りを出す。

(5)タマネギ、ニンジン、コンニャクを加えて、よくいためる。

(6)調味料を加えて味をととのえる。

(7)ターメリックライスと共に器に盛り、みじん切りしたパセリを散らす。

(ターメリックライス)
洗った米を炊飯器の内釜に入れ、水、ターメリック、コンソメを加えてひと混ぜし、スイッチを入れる。

 
調理時間:30分
(米の浸水、豆腐の水切り時間は除く)
MENU MEMO
ひき肉の代わりに豆腐を使ったヘルシーなドライカレーです。豆腐をしっかりいためて、ポロポロとした食感にするのがポイント。見た目もひき肉のようになります。他にレンコンやキノコを入れてもおいしいですよ。

鳥取ガスグループ salute  管理栄養士 竹中真理子さん

 鳥取ガスグループで幅広い世代の方を対象に料理教室を開催している。「安心できる食の基本は家庭にある」が持論で、「食べ物の命に感謝でき、1人でご飯とみそ汁が作れる子どもを育てる」をモットーに、食育活動に力を入れている。また、環境問題を楽しくおいしく学べる、エコ・クッキングも行っている。

管理栄養士
ジュニア野菜ソムリエ
エコ・クッキングナビゲーター
テーブルコーディネーター





トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)