本格出荷へ目合わせ会 鳥取のブランドシイタケ

  • 規格などを確認する参加者ら=5日、鳥取市古郡家の日本きのこセンター菌蕈研究所

 鳥取県産原木シイタケのトップブランド「鳥取茸(たけ)王」と「とっとり115」の本格出荷を前に5日、日本きのこセンター菌蕈研究所(鳥取市古郡家)で目合わせ会があった。今年は11月までの気温が高かった影響で成長が早く、昨年に比べて発生率も高い。県中・西部でも同会を開き、順次出荷していく。

残り 301 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事