台湾からようこそ インバウンドチャーター初便到着 米子空港に3年ぶり国際便

  • 3年ぶりに国際便が到着し、大勢の訪日客でにぎわう米子鬼太郎空港国際線到着ロビー=28日、鳥取県境港市佐斐神町

 鳥取県境港市の米子鬼太郎空港と台湾北部・桃園市の台湾桃園国際空港を結ぶ中華航空の米子-台湾チャーター便の初便が28日、米子鬼太郎空港に到着した。県内空港に国際便が運航するのは新型コロナウイルス禍以降初で、約3年ぶり。台湾便は約3年7カ月ぶりとなる。行政関係者らは、空の玄関口からの久々のインバウンド(訪日客)を喜ぶとともに定期便化を目指すことを誓った。

残り 503 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事