土産製菓増産できず エッグショック 鳥取県内に深刻影響 GWで需要増 機会損失

  • 5個入りの「因幡の白うさぎ(饅頭)」が姿を消した土産用菓子コーナー=12日、鳥取市福部町湯山の砂丘会館

 生活に欠かせない鶏卵の品不足が深刻だ。高病原性鳥インフルエンザ流行に伴う採卵鶏の殺処分に飼料価格の高騰が追い打ちをかけ、鶏卵価格は過去最高値を記録し高止まりが続く。特に土産需要が高まるゴールデンウイーク(GW)を前に、鳥取県内の製菓業などでは増産態勢が取れず、頭を抱える。

残り 889 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事