コロナ5類引き下げ後 県版CDCを新設 一元的体制で対応へ

 鳥取県は20日、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けが5類に引き下げられる5月8日に、コロナ関係の情報収集機能を持たせた県感染症対策センター(県版CDC)を新設すると発表した。感染の流行が落ち着いている平常時から医療機関に対する情報収集や調査分析、県民への情報発信を担う。新変異株の確認や感染急拡大期などの有事には対策本部事務局の役割も担い、医療機関と連携し一元的な感染症対策を行う。

残り 570 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事