墨の潤渇と余白の美 「柴山抱海展」が開幕

  • ギャラリートークで書を解説する柴山さん(中央)=22日、鳥取市青谷町青谷のあおや郷土館

 鳥取市あおや郷土館(同市青谷町青谷)の開館30年を記念した現代書の展覧会「柴山抱海展」が22日、同館で始まった。初日はオープニングイベントがあり、約50人の来館者を前に詩吟や同館表札除幕式のほか、柴山さんのギャラリートークなどが披露された。5月21日まで。

残り 315 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事