費用対効果に疑問の声 整備費2億円なのに週3日休館「あーとふる八頭」

  • 開館当初、文化芸術の発信拠点として大きな期待が寄せられた「あーとふる八頭」。休館の多さに費用対効果を疑問視する声が上がる=八頭町安井宿

 昨年11月、閉校となった校舎を活用して開館した八頭町芸術文化交流プラザ「あーとふる八頭」(同町安井宿)。2億円以上をかけて整備された町営施設だが、オープン以来、週3日が休館日となっており「行っても閉まっている」「もったいない」など、費用対効果を疑問視する声が上がる。施設職員の不足が要因だが、人員補充の予定はなく「文化芸術の発信拠点」という設立理念が揺らいでいる。

残り 863 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事