踊ろう 違い超えて 障害者と健常者「星のいり口」が発表会 鳥取

  • 自分たちの思いや情熱を踊りに込めて表現する出演者ら=30日、鳥取市のとりぎん文化会館

 障害者と健常者で作る鳥取県東部のインクルーシブダンスグループ「星のいり口」(佐分利(さぶり)育代代表)の発表会「ダンス好きです!」が30日、鳥取市のとりぎん文化会館で開かれた。約130人の観客が、障害の有無を超えてともに踊りを楽しむダンサーたちの姿を通じ、多様性のある社会実現への理解を深めた。(井田慎一)

残り 422 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事