青パパイア定植始まる 荒廃砂丘地の有効活用 北栄・浜本さん

  • 20㌢ほどに育った苗を植え付ける浜本さんら(左)=1日、北栄町弓原

 青パパイアの栽培に取り組む北栄町弓原の「元屋創発」の浜本喜彦さん(70)のほ場で1日、今シーズンの苗植え作業が始まった。年々増加する荒廃砂丘地の有効活用と青パパイアの普及を図るのが狙い。この日は、15~20センチに育った苗100本を家族2人と植え付けし、風よけのビニールをかける作業に汗を流した。10日までに約50アールに計約500本を植える。

残り 285 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら

トップニュース

同じカテゴリーの記事