25日、空堀亭ふくびき寄席 大大阪藝術劇

 第22回空堀亭ふくびき寄席は25日、大阪市中央区の大大阪藝術劇場で開演する。演目は、大変なそそう者の男が引っ越しする際のドタバタを描いた古典落語「宿替え」(千里家バカボン)をはじめ、「看板の一つ」(爪田家らいむ)「莨(たばこ)の火」(浪漫亭瑠畔)「胴切り」(関大亭学乱)、桂三枝(文枝)の創作落語「鯛」(浪漫亭来舜)。

 主催者は「不穏な時代を吹き飛ばそう。落語の愛の力、笑って笑って笑ってください」と来場を呼びかけている。開演は午後2時。入場無料。

同じカテゴリーの記事