「表層深層」少子化対策の財源論 増税封印、限られる手段

負担増に反発も

  •  少子化対策で想定される財源と課題(似顔 本間康司)

 政府の「次元の異なる少子化対策」を巡る財源議論が本格スタートした。岸田文雄首相は消費税増税を早々と封印。限られた手段の中から、社会保険料上乗せ、企業の拠出金、歳出削減の「3点セット」で兆円単位を捻出...

残り 1221 文字
このページは会員限定コンテンツです。
会員登録すると続きをご覧いただけます。
無料会員に登録する
会員プランを見る
会員登録済みの方
この機能はプレミアム会員限定です。
クリップした記事でチェック!
あなただけのクリップした記事が作れます。
プレミアム会員に登録する ログインの方はこちら