コラム

[潮騒] 6月9日(水)

2021年6月9日

 日本記念日協会によると、きょう6月9日は「ロックの日」。英国のロックバンド、クイーンの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」が先日、テレビで放送された。ライブシーンでは迫力のある歌声や動き、会場を埋めた観客との一体感が伝わってきた◆映画の中では、焦点を当てたボーカルのフレディ・マーキュリーのさまざまな葛藤や孤独も描かれ、バンドメンバーとの不和も盛り込まれていた。自分がした行動にさいなまれる心理描写が胸に刺さった◆偉大なバンドと比べるのはおこがましいが、大学生のころに友人らとバンドのようなものをつくったことを思い出した。すぐに活動しなくなり、青春時代の恥ずかしいような、懐かしいような思い出の一つになっている。ただ、苦戦しながらも、さまざまな楽器を皆で演奏するのは楽しかった◆音楽には人を元気にしたり、悲しみに寄り添ったり、勇気づける効果があると思う。大阪府には今も緊急事態宣言が発令されている。大阪・ミナミで取材させていただいた70代の女性は、カラオケに行きたいが、我慢していると話していた。独り暮らしでさみしいとも◆感染がいつ収束するかは今も見通せないが、誰もが不安なくカラオケや音楽を楽しめる日が早く訪れてほしい。(山)


サイト内検索