コラム

[潮騒] 6月10日(木)

2021年6月10日

 まだ6月も上旬だというのに気温は連日の30度超。暑さに体が慣れていないため、どうも調子が狂う。本格的な夏に向けて、体を徐々に“暑さ仕様”にしていかなければならない◆街を歩くとアジサイはきれいな色を付け、少しの時間だが暑さを忘れさせてくれる。民家の軒先のプランターに植えられたヒマワリは太陽に向かって葉を広げ、大きなつぼみは開花の準備万端のようだ◆梅雨の晴れ間に誘われて、40年以上ぶりに奈良の若草山を訪れた。緑の芝が美しく、あちこちでくつろぐシカの様子に記憶は一気に小学生の頃に逆戻り。楽しい思い出を描きながら景色を楽しみ、342メートルの山頂の風で上がった息を整えた◆子ども8人が犠牲になった2001年の大阪教育大付属池田小の校内児童殺傷事件から20年が過ぎた。幾つもの楽しすぎる思い出を重ねる前に理不尽に命を奪われた子どもたちのこと、そしてそのご家族の気持ちを思うと、静かに祈るしかない◆朝、学校に向かう小学生とすれ違うと「おはようございまーす」と元気印の声が届く。その一言で人と人との距離が近くなることを改めて教えてくれる。子どもたちを守る安全対策に満点の答えはないかもしれないが、地元の、地域の取り組みをもう一度、確認してほしい。(松)


サイト内検索