全国ニュース

菅田将暉と有村架純がW主演 映画「花束みたいな恋―」完成

2021年1月12日 17:43

 映画「花束みたいな恋をした」(29日公開)の完成報告イベントが東京都内で開かれ、ダブル主演の菅田将暉と有村架純が登場した。

 作品について「恋愛の醍醐味がたくさん詰まっている」と有村。菅田は「こしょばくて(くすぐったくて)いとしい気持ちになる映画になっている。温まってください」と呼び掛けた。

 人気脚本家坂元裕二が書き下ろしたラブストーリー。終電を逃して偶然出会った大学生の男女の、5年間の恋の行方を描く。

 2人は同い年で、ともに関西出身。菅田は「(有村は)ふたを開けたらド関西人。あまり現場で、関西弁でべらべらしゃべることはないから、新鮮だった」と撮影を振り返った。

 タイトルにちなみ、イベントでは「花束占い」のコーナーも。菅田と有村がそれぞれに贈りたい花束を選び、それによって相手への思いが分かるという占いだ。菅田は選んだ花束が「とても信頼している存在」という意味を持つと聞き「めちゃくちゃ当たってる」と納得。有村は「一緒に作品を作った同志なので、すごくうれしい」とほほ笑んだ。

 一方、有村が選んだ花束の意味は「励ましたい!」で、2人は大笑い。「確かに会うたびに励ましてくれる」と話す菅田に、有村は「しっかりしている人ほど心配になる。ちゃんと『疲れた』とか言えてるかなって」と説明した。



サイト内検索