全国ニュース

映画監督、J・タビオさんが死去 キューバ、「苺とチョコレート」

2021年1月19日 14:05

 フアン・カルロス・タビオさん(キューバ映画監督)18日、キューバ首都ハバナで心筋梗塞のため死去、77歳。現地メディアなどが報じた。

 43年9月ハバナ生まれ。60年代からドキュメンタリー制作を始め、故トマス・グティエレス・アレア氏と共同監督した「苺とチョコレート」(93年)は米アカデミー賞で外国語映画部門にノミネートされたほか、ベルリン国際映画祭で審査員特別賞受賞。俳優ベニチオ・デル・トロ氏らと共同制作の「セブン・デイズ・イン・ハバナ」(12年)はカンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品された。(サンパウロ共同)



サイト内検索