全国ニュース

ワクチン接種、五輪の前提にせず 首相、コロナ対策「適切に判断」

2021年1月21日 19:31

 菅義偉首相は21日の衆院本会議の代表質問で、政府の新型コロナウイルス対応への批判に対し「適切に判断した」と強調した。東京五輪・パラリンピックを中止し、感染症対策に集中するよう求めた野党議員に、開催への意欲を重ねて表明。コロナワクチン接種は五輪実施の前提とならないとの認識も示した。緊急事態宣言再発令から2週間が経過した現状を「引き続き高い水準が続き、緊張感を持って対応する必要がある」と分析した。

 衆院本会議の代表質問で答弁する菅首相=21日午後

 共産党の志位和夫委員長は、観光支援事業「Go To トラベル」に最後までしがみついた結果、爆発的感染や医療崩壊を招いたとして首相の責任をただした。



サイト内検索