全国ニュース

カヌー、小野祐佳が初の五輪代表 アジア予選、カヤック単200m

2021年5月6日 18:31

 カヌー・スプリントの東京五輪アジア予選を兼ねたアジア選手権は6日、タイのパタヤで行われ、女子カヤックシングル200メートルで小野祐佳が40秒258で2位となり、出場枠を獲得して初の五輪代表に決まった。

 女子カヤックシングル200メートル決勝 2位となり、初の五輪代表に決まった小野祐佳(手前)=パタヤ(RCAT提供・共同)
 カヌー・スプリント女子カヤックシングル200メートルで東京五輪代表に決まった小野祐佳(日本カヌー連盟提供)

 1位になったカザフスタンは5日の女子カヤック種目で出場枠を得たため、規定により2位の日本に枠がもたらされた。日本連盟の選考基準で、枠を獲得した選手が五輪代表になる。

 男子カヤックシングル1000メートルの棚田大志は3位、同200メートルの小松正治は7位に終わり、出場枠を得られなかった。(共同)



サイト内検索