全国ニュース

浴室で転倒、残りの試合欠場へ 豪バスケ選手に「最悪の不運」

2021年7月31日 19:52

 東京五輪のバスケットボール男子オーストラリア代表のアーロン・ベインズが、浴室で転んで首のけがを悪化させ、残りの試合に出場できなくなった。米メディアが31日までに「最悪の不運」と表現して伝えた。

 28日のイタリア戦の途中で負傷し、コートを後にするオーストラリアのアーロン・ベインズ=さいたまスーパーアリーナ(ロイター=共同)

 報道によると、ベインズは28日のイタリア戦で負傷。その後、浴室で転倒した。「仲間たちと一緒に五輪の旅を終えられなくて本当に残念だ」とコメントした。

 ベインズはオーストラリアの主力選手でNBAでも活躍している。米誌スポーツ・イラストレーテッド(電子版)は「次回パリ五輪では37歳になるため、ベインズの五輪のキャリアはこれで終わりかもしれない」と報じた。(共同)



サイト内検索