全国ニュース

トルコ南部で山火事続き死者6人 各国支援、ホテル客退避も

2021年8月1日 8:51

 【イスタンブール共同】トルコ南部の地中海沿岸各地で山火事が相次ぎ、当局によると、7月31日までの4日間に消防士2人を含む6人が死亡した。地元メディアによると、31日にはエーゲ海に面する南西部のリゾート地ボドルムで一部ホテル客が退避を余儀なくされた。熱波と強風の影響で消火活動が難航しており、各国が支援に動いている。

 トルコのエーゲ海沿岸のリゾート地ボドルムで、住宅地を脅かす森林火災が発生し、煙が上がった=7月29日(AP=共同)

 沿岸部には外国人観光客に人気のビーチが多い。新型コロナウイルス対策による規制が緩和され、にぎわっていたが、影響が懸念されている。

 山火事は101カ所で起き、うち91カ所は下火になったが、31日も10カ所で消火活動が続いた。



サイト内検索