全国ニュース

作家で詩人の森崎和江さんが死去 95歳、「からゆきさん」など

2022年6月19日 0:58

 日本から南方などへ売春婦として売られた女性を描いたノンフィクション「からゆきさん」や炭鉱で働く女性を記録したルポルタージュで知られる作家、詩人の森崎和江(もりさき・かずえ)さんが15日午前0時15分、急性呼吸不全のため福岡県福津市の病院で死去した。95歳。旧朝鮮生まれ。葬儀は近親者で行った。喪主は長男松石泉(まついし・いずみ)さん。

 森崎和江さん

 1947年、福岡県立女子専門学校(現福岡女子大)を卒業。戦後、詩誌「母音」の同人に。58年に福岡・筑豊の炭鉱地帯で詩人谷川雁さん、上野英信さんらと文芸誌「サークル村」を創刊、59年には女性交流誌「無名通信」も発行した。



サイト内検索