全国ニュース

山村浩二監督作品に部門賞 「幾多の北」、仏アニメ映画祭

2022年6月19日 9:21

 【アヌシー共同】仏東部アヌシーで18日まで開催されていたアヌシー国際アニメーション映画祭で、日本の山村浩二監督の作品「幾多の北」が長編コントルシャン部門賞を受賞した。同部門は挑戦的、実験的な作品を対象とする。また水尻自子監督の「不安な体」が短編部門で審査員特別表彰を受けた。

 アヌシー国際アニメーション映画祭で長編コントルシャン部門賞を受賞し、笑顔を見せる山村浩二監督=18日、フランス・アヌシー(共同)

 「幾多の北」は山村監督初の長編作品。東日本大震災後に感じた不安や苦悩を独特なアニメーションと断片的な警句に前衛的ジャズを合わせて描いた。授賞式で審査員は「不安と共に希望や自由への力強い欲求を感じた」と評価した。

 ステージで山村監督は「理解してもらえてうれしい」と英語であいさつした。



サイト内検索