大阪ニュース

「大阪梅田駅」スタート 阪急と阪神梅田駅改称

2019年10月2日

 阪急電鉄は1日、大阪市北区の「梅田駅」の駅名を「大阪梅田駅」に変更した。100年以上親しまれた駅名に「大阪」が加わり、沿線外の利用客やインバウンド(訪日外国人客)に、より分かりやすく「大阪の梅田」を発信する。阪神電鉄も梅田駅を大阪梅田駅に変更した。

「梅田」から「大阪梅田」に新しくなった駅ホームの駅名看板=1日未明、大阪市北区

 梅田駅は、阪神が1906年、阪急は1910年に設置してから使ってきたなじみの深い名称で、駅名変更は初めて。

 阪急電鉄の作業員たちは終電通行後の同日未明、駅ホームに設置が完了していた「おおさかうめだ」の駅名看板を覆っていたシールを取り除き、改札口にある運賃表と、ホームに向かうエスカレーター乗降口に設置された駅名サインを付け替えた。

 阪急電鉄広報部の小林達彦課長は「より分かりやすい駅名へと変更した。大阪を訪れたいと思う人が増えることを期待している」と話した。

 同社は同日、池田市の「石橋駅」を地域活性化につなげるため「石橋阪大前駅」、京都市の「河原町駅」を同市中心部にあることを明確にするために「京都河原町駅」にそれぞれ改称した。


サイト内検索