大阪ニュース

“大人の階段”踏みしめ ハルカスで100人成人式

2020年1月14日

 成人の日に合わせ、大阪市阿倍野区の日本一高いビルあべのハルカスで13日、階段を歩いて地上約300メートルの最上階を目指す「ハルカスウオーク地上300メートルの成人式」が行われた。約100人の新成人たちは、振り袖や真新しいスーツ姿で、一歩ずつ“大人の階段”を踏みしめ、社会に巣立っていく決意を新たにした。

大阪市街地を一望できるヘリポートで記念撮影する新成人たち=13日、大阪市阿倍野区のあべのハルカス

 参加者は「責任感を持つ」「自立できるようになる」「一生懸命に生き抜く」など、成人としての目標を書いたたすきを掛け、1637段ある階段を1時間ほどで踏破した。

 好天にも恵まれ、屋上ヘリポートからは大阪市街地が一望でき眺めは最高。一緒に登った仲間たちと記念撮影を楽しんだ。

 映画「千と千尋の神隠し」の主人公の衣装で参加した専門学生、亀口愛未さん(19)=同市平野区=は「映画の主人公のように、強く生き抜く力を持って、社会の中で歩んでいきたい」と目を輝かせた。

 2014年から毎年開催され、今年で7回目。


サイト内検索