大阪ニュース

再出発を応援を ギャンブル依存症セミナー

2020年1月26日

 ギャンブル依存症について理解を深めるセミナーが24日、大阪市鶴見区の鶴見区民センターで行われた。山梨県にあるギャンブル依存症専門の民間の回復施設「グレイス・ロード甲斐サポートセンター」の統括センター長、池田文隆さん(40)が講演し、「一度の失敗でその人の全てを否定せず、再出発を社会全体で応援してほしい」と呼び掛けた。

「山梨モデル」について説明する池田さん=24日、大阪市鶴見区の鶴見区民センター

 一般社団法人「グレイス・ロード」が主催。池田さんは「山梨モデル」と呼ばれる、地域と手を携えたグレイス・ロードの回復支援の取り組みを紹介。住民の理解を得ながら依存症者が回復に向かうだけでなく、地域の活動に積極的に関わり、町の活性化など好循環を生むというもの。

 池田さん自身、ギャンブルで借金を重ね、失職や離婚を経験。施設が地域の信頼を得てきた歩みを紹介し、「(地域の人の)協力があってこそ自分たちの回復がある。施設の中だけのプログラムではうまくいかなかった」と話した。


サイト内検索