大阪ニュース

難波橋―中央公会堂前交差点 秋完成へ

2020年1月27日

 大阪市は同市北区の中之島東部エリアにある、難波橋(堺筋)から中央公会堂前交差点までの中之島通約200メートルを歩行者専用の空間として、公園に再整備する。今秋の完成を目指す。近くに児童向けの文化施設「こども本の森中之島」が開館する予定で、交通安全上の課題に配慮した。これに伴い、同エリアを2月15日から車両通行止めにする。

中之島通の完成イメージ(大阪市提供)

 市によると、中之島通では車道を横断する歩行者や自転車が見受けられるという。また、3月1日にオープンする「本の森」では、配架されている図書を公園一帯でも読むことができることから、歩行者の安全確保がさらに必要と判断した。

 難波橋から公会堂までの車両通行止めで、西天満方面への通行は混雑が予想されることから、市は東側の堀川橋西詰交差点や南森町交差点への迂回(うかい)を求めていく。

 松井一郎市長は定例記者会見で「都市の未来の形として、人が集える場所をつくっていきたい」と述べた。


サイト内検索