大阪ニュース

藤井フミヤさんアートへの思い トークショー

2020年2月18日

 ミュージシャンでアート作品の制作者としても知られる藤井フミヤさんを招いたトークショーが17日、大阪市北区の阪急うめだ本店・阪急うめだホールであった。事前募集の来場者300人を前に作品に込めた思いや技法、苦労話などを披露し、ミュージシャンとは異なる素顔でファンの心をつかんだ。

代表的な作品の技法や思い出について語る藤井フミヤさん=17日、大阪市北区の阪急うめだホール

 館内・阪急うめだギャラリーで24日まで開催中の「藤井フミヤ展『The Diversity 多彩な想像新世界』」に合わせて開いた。

 藤井さんは、幼少期から美術に親しんでいた思い出を述懐し、「美術を真剣に学んでいたら歌手・藤井フミヤはいなかったかも」と客席を沸かせた。

 代表的な作品を挙げ、さびた針金を曲げた線画や、木の板を貼り絵のようにあしらった人物像などオリジナル技法の数々を紹介。アートの道を志している来場者に、「創作することを継続してほしい」とエールを送った。

 同展では1993年に手掛けたCGアート作品のほか、絵筆やペンを駆使した初公開のアナログ作品など約100点を展示中。入場料800円(高校生以下無料)。


サイト内検索