大阪ニュース

オーバーシュートに備え 府が対策チーム 知事意向

2020年3月24日

 大阪府の吉村洋文知事は23日、新型コロナウイルスを巡り欧州で起きている「オーバーシュート」と呼ばれる爆発的な患者急増が府内で発生した場合に備え、橋本正司危機管理監をトップとする「オーバーシュート対策チーム」を立ち上げる考えを示した。府庁で記者団に答えた。

 併せて医療体制を含めた行動計画をまとめる考えも示し、吉村知事は「オーバーシュートが現実に起きたときにどう動くかは、災害と同じ扱いにしたい」と語った。

 感染拡大防止に向けて大阪−兵庫間の往来自粛を呼び掛けた3連休が終わったのを受け、「経済活動をしながらも危機意識を継続して持ってほしい」と求め、両府県の急激な感染拡大を抑える重要性を強調した。

 東京五輪については、世界的な感染拡大を受けて「いったん延期して完全な形のオリンピックを東京で開催してほしい」と述べた。


サイト内検索