大阪ニュース

「夜の繁華街」特に自粛を 府、強く要請

2020年4月8日

 大阪府は7日、緊急事態宣言を受けて措置の内容を発表した。通院や通勤など生活の維持に必要な場合を除いて外出の自粛を要請し、特に夜の繁華街に出ることがないよう強く求めた。イベントは、規模や屋内外の場所などにかかわらず主催者に開催自粛を要請する。

 外出自粛を巡っては、密閉、密集、密接の「3密」に近付かないよう改めて強調。感染防止策を講じた上での食料品や日用品、医薬品の買い出しのほか、散歩などは除く。通勤も除くがテレワーク(在宅勤務)や時差出勤の取り組みを強く求めた。

 また今後、予定している措置としては、外出自粛の協力要請の効果を見極めた上で使用制限を検討する施設として幼稚園、学校、学習塾、映画館、運動施設、遊興施設、キャバレー、バー、カラオケ、パチンコなどの娯楽施設を挙げた。

 新たに休館する府有施設としては貸館・貸会議室、体育館、競技場、公園内の体育館、テニスコートなどの貸施設。府民や事業者の相談を受け付ける電話窓口「緊急事態措置コールセンター」も設ける。平日午前9時〜午後6時(11、12日の週末も開設する)。電話番号は06(4397)3299。


サイト内検索