大阪ニュース

「冷静判断」呼び掛け 5月6日まで休校延長

2020年4月8日

 政府の緊急事態宣言発令を受けて、大阪市の松井一郎市長は7日、「危機感を高め、必要最低限の移動を心掛けてほしい。軽症者のためにつくる居場所が結果として住まいの近くになるかもしれないが、空気感染はしない。誹謗(ひぼう)中傷にならないよう冷静な判断を」と呼び掛けた。

 さらに松井市長は市立小中学校や幼稚園で8〜19日に実施する予定にしていた臨時休校を、「5月6日まで延長する。決定だ」と言及した。

 宣言発令に伴い、市は7日付で松井市長をトップとする対策本部を、特措法に基づく制度へと移行した。


サイト内検索