大阪ニュース

休日割引適用せず 高速各社、GW期間中

2020年4月24日

 NEXCO西日本など高速道路会社6社は、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を受け、都道府県をまたいだ移動の自粛を促すため、ゴールデンウイーク期間(29日〜5月6日)の土・日、祝日は、高速料金に休日割引を適用しないことを決めた。サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)で営業しているテナントには、営業自粛を呼び掛けた。

 今月29日と5月2〜6日は本来、休日割引の対象日となっていたが、移動の自粛を促進するため割引の適用を見送る。

 物流事業者などの利便性を確保するため、ガソリンスタンドやシャワー設備など、休憩施設の一定のサービス水準は維持する。

 NEXCO西日本の酒井和広社長は「国家的な危機を乗り越えるため、自らの命と健康を第一に考えた行動が極めて重要。不要不急の利用を控えてほしい」と呼び掛けた。

 高速道路各社はテレビ・ラジオなどを通じた呼び掛けや、公式ホームページ、会員制交流サイト(SNS)による情報発信、SAやPAでのポスター掲示や音声案内で「不要不急の都道府県をまたぐ移動の自粛」の広報を実施する。


サイト内検索