大阪ニュース

世界の花々 自粛疲れに癒やし 咲くやこの花館

2020年5月28日

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策で4月4日から臨時休館していた大阪市鶴見区の咲くやこの花館が27日、開館した。再開を心待ちにしていた市民らが朝から続々と来館し、世界の花と緑を観賞。ホームページで開館を知り、子どもと訪れたという枚方市の女性(40)は「どこか行く場所がないかと探していた。久しぶりにじっくり楽しめた」と笑顔だった。

神秘的な花姿で館内を彩るヒスイカズラ=27日、大阪市鶴見区の咲くやこの花館

 現在、熱帯花木室でフィリピン原産のヒスイカズラ(マメ科)が色よく開花中。ヒスイのような青緑色の花が連なった神秘的な姿が注目を集めた。まだつぼみも多く6月上旬まで楽しめる見込み。

 館内ではソーシャルディスタンス(社会的距離)の表示や、来館者が簡易マスクを自作するコーナーなども設けて感染拡大防止を図る。

 同館の久山敦館長は「休館中もスタッフが細心の注意を払って栽培を手掛けてきた。再開後も3密の回避など、万全を期して皆さんを迎えたい」と話した。

 館内フラワーツアー、花とみどりの相談コーナーは6月末まで休止。月曜休館。


サイト内検索