大阪ニュース

新型コロナの第2波は10月

2020年6月12日

 新型コロナウイルスの流行について、東京医科大の浜田篤郎教授が11日、ライブ配信で講演した。渡航制限の解除を念頭に、10月から「第2波」が国内で起こると予測した。

ライブ配信で講演する浜田氏=11日

 浜田氏は共同通信社きさらぎ会の講師を務め、会員の企業経営者向けに「従業員の感染予防教育を続行すべきだ」と呼び掛けた。

 流行の終息時期を巡っては「世界的にワクチン接種完了後だ。(少なくとも)来年中頃までは終息しない」と解説。ワクチンの開発・分配を巡って「国際協調が必要だ」と説いた。

 同氏は東京医科大病院の渡航者医療センター部長を務める。東京都の感染症対策アドバイザーも担い、新型コロナ対策に関与している。


サイト内検索