大阪ニュース

交通安全 自宅で学ぼう アニメや体操動画を公開

2020年7月1日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大阪府警は小学校や各地域で開催していた交通安全教室の実施を見合わせている。自宅などで、交通安全を楽しみながら学んでもらおうと、アニメ版と体操を通して交通ルールを伝える動画を公開している。

道路の横断をイメージした体操=大阪市中央区の大阪府警本部
6月末に公開が始まったアニメーション動画の英語版の一場面

 動画は、交通安全教育を担う府警本部の交通安全教育班のメンバーらがイラストや音楽、構成や演出、編集を担当した。

 アニメ版は4月下旬から公開している。幼児や小学校低学年を対象に、オリジナルキャラクター「なっちゃん」が、信号機や道路標識の役割、横断歩道の安全な渡り方を紹介する内容。6月末から英語版の公開も始めた。

 歩行者や自転車、車のドライバーなど、路上のさまざまな場面に応じた交通ルールを、体を動かしながら学ぶ「交通安全おでかけしたいそう(体操)」は、同班のメンバーが実際に出演して体操を披露する。

 ドライバー編は、シートベルト着用や左右の安全確認、ヘッドライトの点灯を体操で表現。体が動かしにくい人に向けて、座った状態と立って行う体操を紹介している。


サイト内検索