大阪ニュース

コロナ検体採取所ミナミに設置意向 夜の街対策

2020年7月14日

 大阪市の松井一郎市長は13日、新型コロナウイルスの「夜の街」での感染拡大を受け、同市内の繁華街に検体採取所を設置する意向を示した。市役所で記者団の質問に答えた。

 大阪府が12日、週内にも大阪・ミナミに検体採取所を設置する方針を示したことを受け、同様の機能を他の繁華街へも展開したい考え。

 松井市長は「(夜の街関連の)無症状の人も予約をしてもらった上で検査する。運営する人の確保などを考えた上で、検査する場所を増やしていきたい」と話した。


サイト内検索