大阪ニュース

目指すは紅白出場 新浜レオンが2作目発売

2020年7月15日

 昨年のレコード大賞新人賞の歌謡歌手、新浜レオン(24)の第2作「君を求めて」(ビーイング)が7月に発売され、オリコン週間ランキング演歌・歌謡曲部門で1位に飛び出した。元高校球児らしく長身でさわやかな雰囲気で年齢を問わず女性ファンを魅了し続けるその素顔に迫った。

計20キロ減量した歌謡歌手の新浜レオン。今もヘルシーな食事でスリムな体形をキープする

 レコード大賞新人賞受賞者は、3年前の中澤卓也(24)、2年前の辰巳ゆうと(22)、そして昨年のレオンと皆が順調に成長。さらに今年は真田ナオキ(30)ら注目のホープが数多く出現し今や追われる立場に。「もちろん負けたくない。僕が先に紅白(歌合戦)に出たい。でも演歌、歌謡の世界を若い僕たちが頑張ることで注目してもらえることが一番」とスポーツマンの負けん気がのぞく。

 父は演歌歌手の※城靖雄(61)。「コンサート会場では父のいいところしか見てなかった。歌手という仕事で僕らをここまで育ててもらって。大学卒業後の進路として、プロ歌手になる相談をしたら“付いて来られるなら来い!”と。でも、母には血相を変えて反対された。今は喜んでくれてますけど」と打ち明ける。

 高校時代は野球部捕手。180センチ、80キロ以上のがっしりした体つきだった。大東文化大在学中に10キロ減量して「ミスター大東コンテスト」でグランプリを獲得。体力には自信があったが、歌手デビューに際してさらに「もっと体をスリムに」と言われ、さらに10キロ絞り込んで現在の体形に。ステージでは長い足が華麗に回り、指先までメリハリのある振り付けで際立っている。「憧れは西城秀樹さん。野外ライブが格好いい。僕の原点である野球場で同じようなコンサートを開きたい。そのためにはもっとレッスンして歌も踊りもうまくならないと」と目標は大きい。

 今も毎年、地元の成田山新勝寺へ初詣に訪れるほど故郷の千葉が大好き。「実家の白井市はナシやジネンジョなどおいしい物がいっぱい採れる地。コロナでずっと家にいてたくさんCDやDVDを見聞きして、先輩方のステージを勉強した。“ピンチはチャンスだ”と自分に言い聞かせている」とさわやかにほほ笑んだ。

※はハシゴ高

サイト内検索