大阪ニュース

失業者採用で25万円 コロナ緊急雇用対策

2020年9月10日

 大阪府の吉村洋文知事は9日の定例会見で、新型コロナウイルスに関する緊急雇用対策として、4月以降に失業した府民を正社員として採用した事業者に25万円の支援金を支給すると発表した。10月上旬に特設サイトを開設し、民間の人材サービス会社と連携して求人特集を掲載し、失業者と事業者のマッチングを促す。1万8千人の雇用を目指す。

 府が複数の民間の人材サービス会社と共同事業体を設立し、事業者は同事業体に求人を申し込む。各事業者の求人特集を特設サイトに掲載し、この枠組みの中で失業者を採用し、職場に3カ月間、定着した場合に支援金を支給する。

 非正規の採用の場合は12万5千円を支給。事業費は約36億円を見込んでいる。関連予算を含む補正予算案を9月定例議会に提案する。

 吉村知事は「コロナで社会経済が傷んでいる。失業者を一人でも減らすことを徹底したい」と述べた。


サイト内検索