大阪ニュース

スマホで申し込み クラスター防止 きょう運用開始

2021年1月21日

 大阪府の吉村洋文知事は20日、府庁で会見し、高齢者施設での新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生防止に向け、施設の職員などが早く検査を受けられるよう、「スマホ検査センター」を21日から運用すると発表した。職員や利用者に少しでも症状が出た場合に、スマートフォンなどから検査を申し込むことができる。府などに緊急事態宣言が再発令されて1週間になるが、感染者数が高止まりする中、拡大抑止の一層の対策が求められている。

スマホ検査センターについて説明する吉村知事=20日、府庁

 対象施設は、政令市や中核市を含む府内の高齢者施設。特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの職員や入居者のほか、デイサービスといった通所施設の職員ら。計約30万人が対象になるという。

 スマホなどから検査を申し込んだ後、検査センター本部(大阪市中央区)か府内11カ所のサテライトに検体採取容器を取りに行く。唾液を採取して提出すると、陰性の場合は結果をウェブ上で通知し、陽性の場合は保健所が施設などに連絡して疫学調査を行う。

 検査件数は1日最大500件に対応。施設側や本人の費用負担は発生しない。症状が比較的重いなど医療機関で受診が必要な場合や、自分で唾液の採取ができない人はこれまで通り、保健所(受診相談センター)に相談するよう呼び掛けている。

 第3波では、府内の高齢者施設で多くのクラスターが発生し、全クラスターに占める高齢者施設などの割合は43%(18日時点)に上っている。

 吉村知事は「保健所や医師に相談することなく、スマホだけで検査できる仕組みをつくることで、高齢者施設の陽性者をいち早くキャッチしたい」と強調した。


サイト内検索